就労継続支援A型事業所は、利用者が自立した生活を送れるように、就労の機会を提供し、知識及び能力向上のために必要な訓練を行います。

雇用型」とも呼ばれている通り、事業者が利用者を雇用します。

つまり、労働契約を締結するのです(例外あり)。

 

B型支援事業所との比較を行いますが、この雇用契約締結があるかないかが、大きな違いになります。

労働契約ですから、給与が発生します。

 

つまり、利用者は給与を貰いながら、就労機会を得るために訓練を行えます。

 

ただし、給与を貰うのですから、B型事業所などに比べて、業務は厳しくなる傾向にあります。

利用者の個性に合っているかどうかを見極めてから、利用するべきです。

 

また、事業所としても、雇用の際の見極めが肝心です。

就労継続支援事業所