まず、利用定員は10人以上でなければいけません。

 

利用者の訓練・作業に支障がない空間の整備が求められます。

また、昨今は労働法令の適用が厳しくなっていますので、従業員の労働環境への配慮も必須です。

 

【最低限必要な設備】

  • 訓練・作業室・・・訓練又は作業に支障のない広さを有し、必要な機械器具等を備えること
  • 相談室・・・間仕切り等を設けること(プライバシーへの配慮)
  • 洗面所・便所・・・利用者の特性に応じたもの
  • 多目的室その他運営に必要な設備(訓練・作業内容に合致したもの)

 

《注》

  • 設備は、もっぱら当該指定事業者の用に供するものでなければいけません。ただし、利用者支援に支障がなければ、可。
  • 相談室及び多目的室は、利用者の支援に支障がなければ、兼用可

訓練・作業室